TOP

2022年9月2日

「教育」が「IT化」によってどのように変化するのか定点観測するwebサイト

現在、教育現場でIT化が進んでいます。
「koedo」は、教育現場に携わる方の声(koe)とアクション(do)を記録するために立ち上げたwebサイトです。

季刊誌「koedo」につきまして

「koedo」は、掲載中の記事を1冊にまとめ、季刊誌「koedo」として発刊しています。

また、2021年夏休みに「koedo」を運営している株式会社ジオグリフが企画・運営に携わった「SENRIプロジェクト Summer Camp!!!」において行われた各授業の工夫等を、高校生や大学生に執筆体験をしていただいていました。

2021年秋、「koedo 増刊号」として発刊したものを、現在、ダウンロードできます。

季刊誌「koedo」にご興味がある方は、ぜひ、株式会社ジオグリフにお問い合わせください。

koedo増刊号
koedo増刊号「SENRIプロジェクト Summer Camp!!!」レポート

どんなアクティブ・ラーニングを計画してますか? 

イメージイラスト

ここ数年、春夏秋冬を感じにくくなっていますが、暦のうえでは「秋」となりました。
全国の小中学校では、長かった夏休みも終わり新学期が始まっています。

さて、今月は「アクティブ・ラーニング」について取り上げたいと思います。

アクティブ・ラーニングとは、10年ほど前から注目され始めた学習方法です。
文部科学省によると「学生にあるモノゴトを行わせ、行っているモノゴトについて考えさせること」をアクティブ・ラーニングというようです。

たとえば発見学習や問題解決学習、体験学習などの「体験・実演」、グループディスカッションやディベートなどの「ディスカッション」、グループワークなどの「他者に教える」などが挙げられます。

今学期は、どんなアクティブ・ラーニングを計画していますか?

アクティブ・ラーニング

イメージ写真

SDGsについて子供たちに調べさせ、各グループで発表をさせてみた。テーマは子供たちがイメージしやすい目標11「住み続けられるまちづくりを」を選んだところ、子供たちは私たちの想像をはるかに超えた調べ学習を発表してくれた…。

イメージ写真

先生が投げたお題に対し、チーム分けされた生徒たちが意見を出し合う。それぞれのチームでまとめ、「マナ・ボード」と呼ばれるボートに書いて発表をする。それを先生が〇×△で評価し、×や△だった意見については再度話し合って意見を練り上げていく。そして…。

イメージ写真

新学習指導要領でも重視しているアクティブラーニングの1つであるPBLを取り入れ、授業をアップデートができないだろうかと考えました。マインクラフトを使うのは、あくまでも表現方法の1つで…。

Posted by traceon-e