【不登校という選択】シリーズ

2022年12月1日

イメージ写真

文部科学省が公表した2020年度の学校基本調査によると、不登校児童生徒数は196,127人。8年連続で増加し、過去最多を記録しています。不登校の要因にはどのようなものがあるのでしょうか…。

イメージ写真

年々増加する不登校児童生徒に対し、政府は状況によっては「学校に行かない」という判断を行った子どもに対しても教育の機会を充実させる必要があると考えています。そして…。

イメージ写真

子どもが不登校になったとき、保護者はどうすればいいのでしょうか…。たとえば不登校について専門家に相談するという方法があります。では、専門家に相談するとどのようなメリットがあるのでしょうか…。

Posted by traceon-e